ニーズウォークあなたのカベルタとの相性は合ってますか??

カベルタで持続時間が長くなるメカニズム

カベルタを服用しますと、勃ちの持続時間が長持ちする傾向があります。

ではそれはどのようなメカニズムになっているかというと、体内にあるGMPという物質が関係しています。

人間は性的興奮などを受けますと、そのGMPと呼ばれる物質が作られるようになるのです。

アルギニンと呼ばれる物質から生成が始まり、様々な物質が連鎖的に作られていきます。

そして最終的にGMPと呼ばれる物質ができるのですが、その物質の効能は陰部の中にあるカルシウムを減らす事です。

カルシウムが減る事により、陰部にある筋肉の一部が弛緩されます。

そして勃起するという流れになります。

ところで時間の経過に伴い、PDEと呼ばれる物質によってGMPが分解されていきます。

GMPが分解されれば体内のカルシウムが増えますので、勃起が収まるという流れになります。

ところがカベルタに含まれているシルデナフィルと呼ばれる物質が、PDEに働き掛けます。

いったんPDEの働きが弱くなって、体内のカルシウムが減ったままなります。

減ったままであれば、当然筋肉の弛緩が続きます。

そして持続時間が長くなるという仕組みです。

すなわちカベルタに含まれているシルデナフィルで体内のカルシウムを調整して、ED治療を行うというメカニズムになっているのです。

 

効き目とアルコールの関係

 

カベルタを飲む時には、アルコールには少し注意が必要です。

というのもその薬は、アルコールによる影響は受けるからです。

基本姿勢としては、アルコールは飲み過ぎない方が良いです。

というのもアルコール飲料を飲み過ぎてしまいますと、肝心のカベルタの効き目が今一つになってしまう可能性があります。

そもそもカベルタの効能は、陰部に対する血行を促進する事です。

ところがアルコールを飲み過ぎてしまいますと、血行が悪くなってしまう場合があります。

しかも人によっては、EDが悪化してしまう可能性もあるのですが。

したがって基本的には、飲まない方が無難ではあります。

しかしアルコールを飲んでしまうと、カベルタの効き目がゼロになってしまう訳でもありません。

適量のアルコールを飲む分には、特に問題ない場合もあるのです。

人によっては、むしろアルコールがプラスになる場合もあります。

というのも少量のアルコールは血行を促進してくれますので、効き目が良くなる場合もあるからです。

もっとも個人差はあるのですが。

しかし前述のように飲みすぎてしまうとカベルタの効き目が薄れてしまうので、飲み過ぎだけは控えるべきですね。

何事も加減が重要という訳です。

その際、アルコールの摂取量は普段より少し少なめにしておくのが良いでしょう。

 

カベルタを飲むタイミングとは

 

物事には、タイミングが大事になる場合がしばしばあります。

最適なタイミングでアクションを起こした方が、良い結果を生むケースが多々あるものですが。

その一例が、カベルタを摂取するタイミングです。

結論から言えば、このED治療薬は夜の時間帯に飲むべきです。

その理由ですが、副交感神経です。

その神経は、夜の時間帯に働きが活発になる傾向があります。

その神経が活発になっていると、体がリラックスしてくれる傾向があるのです。

リラックスをしている状態の方が、カベルタは効果を発揮しやすいのです。

逆に避けるべきタイミングは、朝です。

その時間帯は交感神経が活発になってしまいますので、その薬を飲んでもちょっと効果が今ひとつという事態になりかねません。

ですのでこの薬は、極力夜に飲むべきでしょう。

またこの薬は、食事とも大きな関係があります。

満腹な状態ですと体がカベルタの成分を吸収しづらくなってしまいます。

ですので満腹な状態というより、やや空腹なタイミングでそれを飲むべきです。

もっともそれはカベルタに限らず、ほとんどのED治療薬にも共通している要素なのですが。

したがってカベルタを飲むのは、食事を食べる1時間ぐらい前が好ましいでしょう。

このようにカベルタを飲む時には、色々とタイミングが大事という訳です。

 

飲む時はピルカッターを用意する

 

カベルタを服用する時には、ピルカッターは用意しておいた方が良いです。

というのも、この薬は外国産だからです。

日本人の為に作られている薬ではありません。

日本人の方々がこの薬を服用すると、ちょっと効きすぎてしまう可能性があるのです。

そもそも医薬品というのは、あまり飲み過ぎるのは良くありません。

市販の薬の注意書きを見てみると、「飲みすぎてしまうのは体に対してネガティブな効果がある」などと記載されている場合があります。

それはカベルタも同様なのです。

量を調節するために、ピルカッターを用意しておくべきという訳ですね。

では日本人の方々にとってはカベルタはどれくらいが適量なのかというと、半分程度で十分です。

それ以上の大きさですと、効きすぎになってしまう可能性があります。

また人によっては、3分の1程度でも十分というケースもあります。

それぞれ個人差がある訳ですね。

またピルカッターを用いるのは、費用の節約にもなるでしょう。

例えば箱の中に8錠入っているとします。

1錠丸ごと飲んでしまいますと、1箱分を飲み切るのは8回になります。

しかしイビルカッターで2分の1にすれば、16回分になるでしょう。

コスト面を考えても、ピルカッターはやはり用意しておくべきと言えます。